トリキュラーで成功率の高い避妊をしよう

トリキュラーは、不正出血のような従来のピル特有の副作用が比較的少ないとされる、「低用量ピル」と呼ばれる種類のものです。このトリキュラーは、黄体ホルモン作用と卵胞ホルモン作用によって、排卵や着床を抑制するというはたらきがあるため、きちんと用法・用量を守って服用すれば、ほぼ確実な避妊効果を発揮することができます。
このトリキュラーには、21錠入りのタイプと28錠入りのタイプの2つのパッケージがあり、両方とも月経がはじまった日から服用をはじめるのが原則となっています。服用をはじめた場合には、毎日ほとんど決まった時間に、錠剤シートの順番にしたがって、1錠ずつ服用することが求められています。
21錠入りのタイプは、途中で7日間だけ服薬をやめる期間をはさみますが、28錠入りのタイプについては、7日分だけ「プラセボ錠」と呼ばれる薬効成分がまったく含まれていない錠剤が入っています。
錠剤シートには「赤褐色糖衣錠」、「白色糖衣錠」、「淡黄褐色糖衣錠」の3つの種類の錠剤が含まれているため、飲み忘れることなく、順番に服用するということが必要となります。
トリキュラーを2日以上連続して服用をし忘れてしまうと、避妊効果が発揮できなくなってしまうため、他の方法で避妊するか、または服用を中止して次の月経があるまで待つことになります。1日だけ服用し忘れた場合については、気づいた時間帯に応じて追加で1錠服用するか、または2錠まとめて服用するようになります。
薬のしおりに従って、このような正しい服用のしかたを厳守するということが、ピルによる避妊を成功させるための鍵となります。逆にいえば、ピルを利用したのにもし避妊に失敗したとすれば、この服用のしかたを守らなかったことが疑われます。

■アフターピル等も取り扱ってるので非常に便利です
常備薬にも最適なピル通販サイト