トリキュラーの購入後の服用方法とリスクについて

トリキュラーは低用量ピルなので服用をすると避妊効果を発揮するだけでなく、生理が重い女性の場合は出血の量を少なくすることができるので、生活の質を高めることができます。購入するためには医師の処方箋が必要となるのですが、服用方法が特殊なのでマニュアルの内容をしっかりと理解してから服用しないと効果がありません。購入後のリスクとしては飲み忘れることでホルモンバランスが大きく崩れてしまって、性器からの不正出血などが起きます。また避妊効果を期待してトリキュラーを服用している場合には購入後にリスクについて把握して毎日決められた時間に服用しないと妊娠する可能性が高まってしまいます。トリキュラーをマニュアルにしたがって服用した場合には避妊確率が95%以上になるのですが、1度でも飲み忘れてしまうと妊娠しやすくなるので、妊娠のリスクを下げるために男性に避妊をさせる必要があります。男性がコンドームを使用すると避妊できる確率が70%以上になるので、安心してセックスをすることができます。トリキュラーは医師の処方によって手に入れることができるのですが、インターネットなどでも購入することができるので、購入後のリスクに関してしっかりと考えておく必要があります。副作用としては生理の期間以外の出血や乳房の張りなどがあるのですが、これらの症状に関しては2ヶ月以上服用を継続していると問題がなくなります。リスクが一番高いのが飲み忘れることで、24時間以内に気がついた場合にはすぐに服用をすると間に合うのですが、1日以上間隔が開いてしまうと避妊効果はほとんどなくなります。また血栓症のリスクが高まるので喫煙をしている女性には処方されない場合があります。